我慢する人させる人

恋愛、結婚、仕事関係、友人関係、あれこれ。

すべては人と人の関わりがあってもたらされること。

我慢する人
我慢させる人

この別が存在するようです。

我慢する人がいて、我慢させる人がいる。


我慢させる人は、恐らく、器が小さいんです。
我慢する人は、我慢させられている人より、ちょっと器が大きいのです。


だから、こういう関係が生まれるのでしょう。

我慢する人は、辛いと思います。
気付かないことですが、我慢させる人は、実はもっと辛い。
本人は器が小さいから、大きい人より耐えられないものを持って生まれたから・・・。

何事も、ある程度は当てはまるようですが、器が小さいっていうことは、かなりこじんまりした考え方や行動であると同時に、人から受けることに対する免疫がほぼない。
だから、器の大きい人は、我慢してあげないといけない。

このようにできているもののようです。

恋人同士で、ケンカをしたとき、謝るのはいつも自分
こんな人は、恐らく相手のよりも器が大きいから。だから、許してあげてしまうし、それは本当に許して上げられる器を持たされて生まれてきたから、です。

ご夫婦で、いつも損するのは自分だなぁ、と思う方。
やはりお相手の方よりも、器が大きいのでしょう。

どちらにしましても、本当に我慢の限界というものはあります。


その時は、どうぞ、こちらにご相談くださいね。
よきアドバイスと鑑定を行っております。

ちなみに、Makotoはあまりにも器が大きくて、常にまわりには、我慢させる人ばかり・・・
それでいいんです。

この記事へのコメント

我慢って
2009年08月23日 22:29
仏教だと慢心という事で戒められないんでしょうか?

相手が立ち直るまでの忍耐と不必要な我慢って見分けが難しいですね。
2009年09月01日 00:19
慢心は、「自慢していい気になること。おごり高ぶること。また、その心。」とあるようです。

ここで申し上げた我慢は、言いたい放題を抑える、という意味です。

相手が立ち直る方なら我慢もしてあげて正解と思いますが、元々我慢しない人たちには通用しないことのように思います。
ですから、自分を抑えて付き合う人たちはできるだけ少ないほうがよいかもしれません。
それが誠実さかもしれないと、考えたりもしますが、なかなか・・・

この記事へのトラックバック