西日本と東日本のギャップ


震災をリポートした報道者の様々な声をテレビの特集で見た。

中でも鮮烈だったのが、岩手出身の岡山の記者の話だった。

西日本と東日本のギャップが大きすぎて、違いすぎる、というものだった。


確かに、被災地が自分の故郷である自分は、親会社が西日本の会社にいた。

家族が無事かどうかわからず、4時間歩いたあの日、西日本の人間の一言は、すべてを語っていたと思う・・・

「地震に気づかなかった」

そう言い放ったのが、西日本の人間。


阪神大震災を体験していた人物だが、被災はしていない。

そして、あの惨劇など、忘れている人が多いことが、うきぼりになった。

まさに、それを表している悲劇だと思う。


西日本も、安全とはいえない。

そして、東日本復興なき、日本の回復は、ない。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック