Makotoの占いブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発避難区域 動物たちその後

<<   作成日時 : 2011/07/28 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


福島第1原発から20キロ範囲内の家畜は、政府により殺処分となって2ヶ月くらい経ちます。

その後、福島県内外で、放射性セシウムを含んだわらを食べたため、食肉に放射性物質が含まれ、流通している今。


動物たち、ペットたちの今、まだ何も終わっていないようです。

福島原発避難区域

避難指示区域(立入禁止)になっている半径20km圏内には
救助されずに取り残されている動物たちが居ます。
その動物たちを1匹でも救うために活動を続けている方々が居ます。

20km圏内に入り、保護できる動物はできる限り保護して
保護できない動物にはエサを置いてくる。
しかし多くの犬や猫、牛や豚などの動物たちは残念ながら
飢えや共食いの末に死んでいます。

今日ご紹介するのは、命がけで5km圏内のレスキュー活動を続けている
星さんご家族の活動記録から、1匹の犬の悲惨な最期の姿です。

目を背けたくなるでしょうが、これは現実に起きていることです。
現実に起きていることの「氷山の一角」に過ぎません。
もっと数えきれないほどの動物たちが、20km圏内に取り残されて
この子のように飢えて苦しんで死んでいます。


画像



かなりショックな画像もありますが、現実を知ることは必要だと思います。

皆さんも、星さん一家へ支援をお願いいたします。







放射能で首都圏消滅?誰も知らない震災対策
三五館
古長谷 稔

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 放射能で首都圏消滅?誰も知らない震災対策 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島原発避難区域 動物たちその後 Makotoの占いブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる