【福島原発事故】桐乃先生からのメッセージ


40年以上、たくさんの方々のご相談を受け、透視鑑定をしている桐乃先生

様々な透視能力は当然ですが、体の状態を透視できる希な人物。

福島県の方からもご相談はお受けしています。

そして、たくさんの方々の透視をしていますが、放射線によって10年後、20年後に病気が増加したり、大勢の人が亡くなったり、ということはないという透視結果です。

福島県の方々は内部被曝した方ももちろんいらっしゃいますが、それが原因でガンが増えたり、寿命が縮んだりということはない、とおっしゃいます。

もちろん、当の福島県にお住まいの方々から不安を払拭することは難しいのですが、それでも、先生は言います。

大丈夫です

と。

今月から、福島県200万人の被ばくの検査が始まりました。

内部被曝をしたとしても、今後数十年に渡って、大きな影響があるようであれば、必ず国は動くはずとのこと。

確かに、原発事故については隠蔽などと言われていますが、隠蔽しても問題がないから隠蔽しただけであり、本当に多大な影響が出るとなれば、必ず国は動くはず、ということです。

もちろん、福島県の方々は、声を大にして補償を求めるべき。

しかし、他県の方々や便乗して煽る方々には気をつけましょう。

放射線の悪影響について語ることによって、必ずそこには人や時にはお金が動くでしょう。
それを狙ってのパフォーマンスである場合がほとんどです。


福島県以外の方々は、見守ってあげて下さい。

桐乃先生からのメッセージです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック