放射性廃棄物「中間貯蔵施設福島に」首相表明 知事不快感


放射性廃棄物「中間貯蔵施設福島に」首相表明 知事不快感


 菅直人首相は27日、福島県庁に佐藤雄平知事を訪ね、福島第1原発事故で発生した放射性廃棄物や汚染土壌を一時的に保管する中間貯蔵施設を福島県内に建設する考えを表明した。佐藤知事は「突然の話で困惑している」と話し、受け入れの可否は明言を避けた。
 菅首相は「放射性物質で汚染された廃棄物、土壌の管理や処理は(除染を進める上での)重要な課題。一時的仮置きが考えられるが、国として、県内で生じた汚染物質を適切に管理・保管する中間貯蔵施設を整備することをお願いせざるを得ない」と述べた。その上で「最終処分場にすることは全く考えていない」とし、中間貯蔵施設の整備に当たっては地元合意を得る姿勢を強調した。
 佐藤知事は「災害に苦しむ福島県民や関係自治体には極めて重い話だ」と強い不快感を示すと、菅首相は「除染の本格化には乗り越えなければならない問題で、国として責任を持ち、自治体、住民と十分に調整したい」と繰り返した。
 政府は従来、除染作業で回収した放射性物質は市町村ごとに仮置きするよう求めてきたが、その後どうするかは具体的に説明してこなかった。
 菅首相は県庁訪問に先立ち、福島市で開かれた「福島復興再生協議会」に出席し、佐藤知事や県内首長らに「原子力政策を進めた国の立場から、その後の対応の不十分さがあったことをおわびする」と陳謝した。

2011年08月28日日曜日



これは、福島県民にとっては寝耳に水の話であり、またあの菅直人の暴言・思いつきとしか言いようがない。

怒れ!佐藤知事!

汚染を広げたのは誰か

汚染を作ったのはどこの誰か

すべてを福島県に背負わせる気なのか?!


東京電力と日本政府は、刑事告訴されてもおかしくないことをしているというのに、自覚が全くない。


絶対に許してはならないことです。

テレビでも、最後の最後でまたやらかしたと、菅直人を揶揄しています。

こんな暴挙は絶対に許してはいけません。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック