人生は本人のもの

私たちは、人と関わり合いながら生きています。

とはいえ、関わりを持つのもそれぞれですし、誰かのせいであなたが今そこにいるわけでもありません。

それと同時に、誰かのおかげであなたが今そこにいるわけでもありません。


人は傲慢になりがちです。

自分が言ったこと、したこと、またはその存在によって、あなたのおかげ、あなたのせい、となると思いがちです。

しかし、本当にそうでしょうか?


日々私たちは、自分自身の運命を生きていきます。

その合間合間に、誰かと関わりを持つことがあります。

しかし、だからといって、その誰かがあなたの運命を変えてしまうほどの力があるのかといえば、それはありません。


あなたがそこにいて、周りにいる人はあなたの人生であり、一人でいるのもまたあなたの人生です。

誰かのおかげ
、も、誰かのせい、も、本当は存在しないものです。


私たちは私たちの運命の道筋を歩んでいるものなのです。

その中で、自分の運命を受け入れ、それを全うすることが、私たちに与えられたベストな生き方のようです。


誰の責任でもありません。

それは、私たち個々の魂がなせるわざなんです。

あなたの人生はどんな運命を負っているのでしょうか。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック