人それぞれの苦しみや喜び


ヌナ運命鑑定はそろそろ、11年目に入るところです。

とてつもない人数の方々の苦しみや迷いや悩みをたくさんうかがって参りました。

そこで、思うことがあります。

人の苦しみには大小
はない、ということ。


誰もがその人それぞれの運命に従って、生まれ生きていきます。

魂の性質はひとそれぞれであるため、その精神的耐久性もひとそれぞれ。

誰かにとって、まあよくあること、と思えることでも、別の誰かにとっては、とてつもなく苦しいこと。

だから、人は身の回りの人に対して心の内を言えないのです。

なぜなら、「なーんだ、そんなこと?」と一掃されてしまえば、更に傷つくからです。


皆様、ひとりひとりの苦しみに、ひとつひとつ応えるよう、これからも努力していきたいと願っています。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック