それは決まった運命?それとも自由意思?


10年間、鑑定をお受けしていますと、ありとあらゆる悩みが存在するものだと、痛感します。

それぞれが、他人からしてみれば、「なんだ、そんなこと?」

といえるような悩みもあるかもしれません。

中には、誰から見ても、「大変だ、どうにかしてあげたい!」

というような大きなものもあることでしょう。

しかし、悩みや問題は、当人にとっては耐えきれないほど、苦しいものであり、悩みに大小はありません。


誰もが今抱える悩みや問題を解決できれば、前へ進める、まともな人生になる、笑顔が取り戻せる・・・

そう思うんです。


さて、悩みの大小はないのですが、では、その悩みは運命から来ていて、自分自身を変えない限り解決できないものか?

それとも、時期を待つことで自然に気にならなくなったり、解決できたりするものなのか?

前者の場合は、かなり理解を深めて取り組まないと、簡単に解決できません。

なぜならば、その人となりを作っている運命がそうさせているからです。

後者の場合は、ただ辛抱、我慢、周りに沿って一定時期、自分を押し殺せば自然と解決へ向かいます。


だからこそ、運命鑑定は重要な意味を持ちます。

ご自身の運命を知ることによって、壁にぶつかったとき、ご自身で解消していくことができるからです。

運命で決まっていないことは、自由意思と努力、そして時期的なもので乗り越えていけるというものです。


人は不思議です。

人に逆らう人は、自分にも逆らおうとします。

逆らって自分の意思で道を作っていける運命の方はそれで問題がありません。

しかし、自分の意思で道を作ることができない運命の方は、抵抗すればするほど、すべては思い通りにいかないこともまた事実のようです。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック