「後進国なら菅氏は死刑」 溝手氏、事故調報告受け


「後進国なら菅氏は死刑」 溝手氏、事故調報告受け


 自民党の谷垣禎一総裁は28日の役員会で、東京電力福島第1原発事故をめぐる菅直人前首相の対応について「人災の様相も出てきた」と批判した。

 溝手顕正参院幹事長も同日の記者会見で、福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)報告書に触れ、「後進国だったら裁判にかけ、死刑という話につながりかねない大変な話だ」と述べた。

 石原伸晃幹事長は、菅氏らは国会の事故調査委員会(黒川清委員長)で、当時の対応を説明すべきだとの考えを示した。


しがらみなし 官邸や東電の責任ばっさり 当事者責任に深く踏み込む

 東京電力福島第1原発の事故原因を、民間の立場で独自に検証してきた「福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)」が27日、報告書をまとめた。政官業とは一線を画した立場からの報告は、菅直人前首相の行動を「混乱や摩擦のもとになった」と批判する一方、東電の事前対策の不備を「人災」と断罪。他の事故調が出した報告書とは異なり、当事者責任に深く踏み込み、「第三の事故調」の存在感をアピールする内容だ。(原子力取材班)


震災から1年経つ今、民間事故調査による福島原発事故の裏側が暴かれている。

それぞれの個人の資質が露呈されているが、今となってはどうにもならないとはいえども、厳しく追究すべきことでしょう。

政府あっての国民ではなく、国民あっての政府ですから。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック