様々な人の様々な悩み


10年も数々の多種多様なご相談をお受けし、考え、理解してもらうために文章を作成していると、人のことがよく見えてくるものです。

悩みに大小はありません。

誰でも苦しんで、もがいていると思います。


しかしながら、人の性質=魂の性質、運命というもの、一番見えないのは当の本人ではないでしょうか。

たしかに、他人から見れば、「どうしてそんなことで?」となってしまうこともあるかもしれません。


結局は、これが、人の業のようなものなのかもしれませんね。

同じことが起こっても、誰かにはもの凄い苦労であっても、そのまた誰かにとっては日常的なことかもしれません。


様々な人がいて、様々な悩みがある。

どうしても自分のおもいどおりにしたい人

どうしても他人の世話を焼かなければいけない人

どうしても誰かを所有しないと気が済まない人

どうしても誰かが側にいなければ生きていけないと思う人


一つ一つを取ってみれば、ちょっと考え方を変えれば、簡単に解決できることも中にはあるかもしれませんね。


ですが、不思議なのは、持って生まれたものは一人の力ではどうにもならないということ。

やっぱり人は、何かを解消させるため、学ぶため、乗り越えるため、こういう風に生まれてくるのかも知れません。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック