どうしてもひっかること


皆さんにも、心当たりがあるのではないでしょうか。

何年前のことでも、

何度も納得して終わったと思っていることでも、

どうしてもひっかかって、先へ進めないことがらが、誰にでも一つや二つはあるのでは?


あのとき、どうしてあんなことになった?

今の自分では考えられないことが、どうして起こったのだろう?


不可抗力とはこのことですね。


誰でも、心にひっかかって、飲み込めない、腑に落ちない何かしらの出来事。

そんなものはあるのだろうと思います。


それでも、時間は経って、人は年老いて、記憶が薄れていく。

いつの日か、すっと消え去るであると信じて、

つっかりと一緒に生きていくのも、また一つかなと思うんです。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック