テーマ:被ばく

【福島原発事故】桐乃先生からのメッセージ

40年以上、たくさんの方々のご相談を受け、透視鑑定をしている桐乃先生。 様々な透視能力は当然ですが、体の状態を透視できる希な人物。 福島県の方からもご相談はお受けしています。 そして、たくさんの方々の透視をしていますが、放射線によって10年後、20年後に病気が増加したり、大勢の人が亡くなったり、ということはないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府官邸への意見書

【被曝】3/26,27調査「福島県いわき市4歳児、甲状腺等価線量35mSv値であった」原子力安全委員会 原子力安全委員会の発表で、いわき市の4歳児が35㍉シーベルトもの被ばくをしていたことについて、どのようにお考えでしょうか。 この莫大な量の被ばくについて、一切報道もされない事実、危険を回避できていない政府に対し、断固抗議し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【被曝】3/26,27調査「福島県いわき市4歳児、甲状腺等価線量35mSv値であった」原子力安全委員

【被曝】3/26,27調査「福島県いわき市4歳児、甲状腺等価線量35mSv値であった」原子力安全委員会 原子力安全委員会のHPの『原子力安全委員会において3月11日以降に行った助言の活動について』というページに掲載されている「小児甲状腺の測定結果についてQ&A」というPDFに、3月26日と27日にいわき市で実施した小児甲状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一周辺の子1000人調査 甲状腺微量被ばく45%

福島第一周辺の子1000人調査 甲状腺微量被ばく45% 2011年7月5日 朝刊  東京電力福島第一原発の事故で、国の原子力安全委員会は四日、三月下旬に福島県内の第一原発周辺の市町村に住む子供約千人を対象に行った放射線被ばく調査で、45%の子供が甲状腺に被ばくしていたことを明らかにした。安全委の加藤重治審議官は「精密検査…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射能の影響

日本の被ばく医療の第一人者で、原爆被爆者やチェルノブイリの健康被害を長年行っている 長瀧重信 長崎大学名誉教授 によると、 >『放射性セシウムを大量に摂取したであろう、チェルノブイリ事故の被害者(子供含む)は、25年経った今でも、放射性セシウムの影響は出ていない』 とのこと。 世代的に大気中放射能研究の被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more